PR

  メニュー閉じる

PR

実験

ミニペットボトル空気砲(くうきほう)

実験 ミニペットボトル空気砲(くうきほう)

ミニペットボトルと風船を使って作る空気砲。ミニペットボトルに取り付けた風船を引っ張ってはなすと、ミニペットボトルの口から空気が発射(はっしゃ)されるよ。まと当てゲームなどをして楽しんで、どこまでとどくのか、実験してみよう。

用意するもの

  • ミニペットボトル2個
  • ゴム風船
  • ビニルテープ
  • カッターナイフ
  • はさみ
  • 画用紙
  • フェルトペンなど
  • せっ着ざい

作り方

1

注意:ミニペットボトルは、よく洗(あら)ってかわかしてから使おう。

作り方

2このミニペットボトルのラベルをはがす。

2

注意:カッターナイフやはさみ、ペットボトルの切れはしでけがをしないように、気をつけよう。

作り方

ミニペットボトルの底から1cmくらいのところをカッターナイフやはさみを使って、ていねいに切り取る。切り口にビニルテープをはる。

3

注意:はさみでけがをしないように、気をつけよう。
   ゴム風船の切れはしをなめたり口に入れたりしないこと。

作り方

はさみを使って、ゴム風船を半分に切る。

4

作り方

ゴム風船の丸い方を2のミニペットボトルの底にかぶせて、ビニルテープで固定する。

5

作り方

4のミニペットボトルの側面と、もう1つのミニペットボトルの底をせっ着ざいでかり止めし、2つをビニルテープでくくりつける。

6

作り方

画用紙を小さく切って、好きなもようをかいて、山折りにして、まとを作る。

7

作り方

ミニペットボトルの口をまとに向け、風船を引っ張って、手をはなす。ミニペットボトルから空気が発射され、遠くに置いたまとに当たる。

なぜこうなるの?

なぜこうなるの?

空気がいきおいよく前へ進むと、この空気におしのけられた空気がうしろにまわ回りこむことによってうずができる。

つまり、空気砲からいきおいよく発射された空気は、目には見えないけれど、ドーナツのような形をしたうずの輪ができて前に進んでいるんだ。空気のうずは、一度できると安定しているのでいつまでも形をたもっている。そのため、遠くはなれたところまでとどくことができるんだ。

まとの位置をだんだんはなしていき、どこまでとどくのか、実験してみよう。

まとめ方

いろいろな大きさや重さのまとを用意して、たおれやすいまと、たおれにくいまとについて調べよう。また、空気砲からまとまでのきょりをはかって、どのくらいのきょりのまとまで当たるのか、記録しよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのページをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • ミニペットボトルは、よくあらってかわかしてから使おう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。特にペットボトルはかたいので、無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • ミニペットボトルの切り口で、けがをしないように気をつけよう。
  • ゴム風船の切れはしをなめたり口に入れたりしないこと。
  • ミニペットボトル空気砲を人や動物に向けて使わないこと。
  • 材料や、できあがったミニペットボトル空気砲を火に近づけたり、熱くなるもののそばに置きっぱなしにしないこと。
  • 安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP