PR

  メニュー閉じる

PR

実験

ミニペットボトル温度計

実験 ミニペットボトル温度計

ミニペットボトルとストローを使って温度計を作るよ。温度が高くなるとストローの中の色水も上がり、温度が下がると色水も下がるんだ。

用意するもの

  • ミニペットボトル
  • ストロー
  • 食紅(しょくべに)
  • せっ着ざい
  • 温度計
  • あつ紙
  • はさみ
  • プラスチックコップ
  • ティッシュ
  • 計量カップ
  • ものさし
  • セロハンテープ
  • きりなどあなをあけるもの
  • えんぴつなど

作り方

1

作り方

ミニペットボトルのラベルをはがす。

注意:ミニペットボトルは、よく洗(あら)ってかわかしてから使おう。

2

作り方

計量カップに水と食紅で色水を作り、ミニペットボトルの3分の2くらいまで色水を入れる。

3

作り方

きりなどで、ふたの中央にストローが通るくらいのあなをあける。あなが小さいときは、おうちの方に手伝ってもらって、はさみやドライバーなどであなを広げてもらおう。

注意:きりなどでけがをしないように、気をつけよう。

4

作り方

ストローが色水に3cm以上つかる位置に調整する。

5

作り方

空気が入らないようにふたのあなのすき間をせっ着ざいでうめる。

6

プラスチックコップに食紅で色水を作り、5のストローをしずめる。色水がふたの上まで上がったら、ストローの口を指で押さえる。

7

ストローの口をおさえたまま、プラスチックコップから取り出し、ミニペットボトルに入れて、ふたをしっかりと閉める。このまま水温が室温となじむまで数時間おいておく。

8

作り方

あつ紙を折って、温度の目もりを書きこめるようにしよう。市販(しはん)の温度計を使って、現在の温度とストローの水面の位置を書きこめば、ミニペットボトル温度計の完成。温度が上がると色水も上がり、温度が下がると色水も下がるよ。

注意:小さな子の手の届かないところにおこう。

温度計はこう見よう!

温度計を見るときは・・・

温度計はこう見よう!

色水の水面と目が同じ高さになる位置から見よう。でないと、正しい温度がわからないよ。

なぜこうなるの?

なぜこうなるの?

空気は温めると膨張(ぼうちょう・ふくらむこと)し、冷やすと収縮(しゅうしゅく・ちぢむこと)する。

ミニペットボトル温度計はその作用を利用しているんだ。
ストローをセットし、密閉(みっぺい)したミニペットボトルの中の空気が温められると、中の空気が膨張し、水をおすよ。すると、ミニペットボトルの中の水面は下がり、ストローの中に水がおし出される。 そのため、ストローの中の水面が上がるんだ。

反対に、ミニペットボトルの中の空気が冷えると、収縮するので、ストローの中の水はミニペットボトルの中にもどり、ストローの中の水面は下がるってわけ。

まとめ方

まわりの温度変化によって、ストローの中の水面が上下するので、いろいろな場所で水面がどのように変化するのか調べる。部屋の中や屋外、日の当たるところと日かげなど、いろいろな場所の温度を記録しよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験は必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのページをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • ミニペットボトルは、よくあらってかわかしてから使おう。
  • はさみやきり、ドライバーを使うときは、けがをしないように気を付けよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • きりやドライバー、ストローの先で、目や顔、手などをけがしないように気をつけること。
  • 食紅は、口に入れたりなめたりしないように気をつけること。
  • まわりがよごれてもいいところですること。または新聞紙などをしくこと。
  • せっ着ざいが目やひふにつかないように気をつけること。
  • 材料や、できあがったミニペットボトル温度計を火に近づけたり、熱くなるもののそばに置きっぱなしにしないこと。
  • ミニペットボトル温度計で温度をはかるときは、たおしたり小さい子どもが飲んでしまったりしないように、小さい子どもの手のとどかない所に置いて、おうちの人にも言っておこう。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP