PR

  メニュー閉じる

PR

実験

ミニペットボトル望遠鏡

実験 ミニペットボトル望遠鏡

遠くのものが大きく見える望遠鏡を作ろう。ミニペットボトルを望遠鏡の本体、虫めがねとビー玉をレンズのかわりとして使うから、持ち運びやすくて便利!

用意するもの

  • ミニペットボトル
  • ビー玉(とうめいなもの)
  • 虫めがね
  • ラップのしん
  • カッターナイフ
  • セロハンテープ
  • ビニルテープ
  • はさみ

作り方

1

注意:ミニペットボトルは、よく洗(あら)ってかわかしてから使おう。

注意:カッターナイフやはさみでけがをしないように、気をつけよう。

作り方

ミニペットボトルの底から1cmくらいのところをカッターナイフやはさみを使って、ていねいに切り取る。切り口にビニルテープをはる。

2

注意:ビー玉をなめたり口や鼻に入れないこと。

作り方

ミニペットボトルの口にビー玉をセロハンテープで固定する。

3

注意:カッターナイフやはさみ、ペットボトルの切れはしでけがをしないように、気をつけよう。

作り方

ラップのしんをミニペットボトルの大きさに合わせて切り、虫めがねにセロハンテープではり付ける。

4

作り方

2と3を合わせる。

5

注意:虫めがねや、できた望遠鏡で、ぜったいに太陽や照明を見てはいけません。
   目をいためてしまいます。

作り方

ミニペットボトルを持って、ビー玉の方からのぞき、虫めがねをおしたりひいたりして、一番見やすい(ピントが合う)ところをさがそう。目と、ビー玉の真ん中と、虫めがねの真ん中を結んだ線が、まっすぐな直線になることが大切なポイントだよ。 見たいものが大きくなって、上下さかさまにうつるよ。

なぜこうなるの?

対物(たいぶつ)レンズ/接眼(せつがん)レンズ

この望遠鏡には、対物レンズと接眼(せつがん)レンズという、2つの凸(とつ)レンズが使われているよ。
見たいものへ向けたほうのレンズが対物レンズ、のぞくほうのレンズが接眼レンズだ。

 

・対物レンズ
光がたくさん入ってあかるい像(ぞう)が見える、大きなレンズ。(この実験では虫めがねを使っている。)

 

・接眼レンズ
見える像は暗いけど、大きなレンズよりずっと大きく見える、小さなレンズ。(この実験ではビー玉を使っている。)

焦点(しょうてん)

つまり、大きなレンズで集めたあかるい像を、小さなレンズで大きくして見せるのが望遠鏡なんだ。

望遠鏡で見える像は、大きいけれど、さかさまに見えてしまう。
凸レンズは、光を屈折(くっせつ)させて焦点(しょうてん)に集める。光が集まった像は、焦点を過ぎると、上下左右がさかさまになるんだ。
望遠鏡は、対物レンズの焦点を過ぎてさかさまになった像を接眼レンズで大きくして見るので、さかさまに見えるんだ。

まとめ方

ちがう大きさの虫めがねやビー玉でも試してみて、見え方のちがいを調べよう。一番見やすいときの虫めがねとビー玉のきょりのちがいを記録しよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのページをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • ミニペットボトルは、よくあらってかわかしてから使おう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、ケガをしないように気をつけよう。特にペットボトルはかたいので、無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • ミニペットボトルの切り口で、けがをしないように気をつけよう。
  • ビー玉をなめたり、口や鼻に入れたりしないこと。
  • ビー玉はあやまって飲みこむと窒息(ちっそく)のきけんがあるので、ぜったいに小さな子どもにわたさないようにしよう。
  • できあがったミニペットボトル望遠鏡や虫めがねで、ぜったいに太陽や照明を見ないこと。また、日のあたるところに置きっぱなしにしないこと。
  • 材料や、できあがったミニペットボトル望遠鏡を火に近づけたり、熱くなるもののそばに置きっぱなしにしないこと。
  • 安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
  • ミニペットボトル望遠鏡をのぞきながら、歩き回ったり、走ったりしないこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP