PR

  メニュー閉じる

PR

実験

おいしいラッシーを作ろう!

実験 おいしいラッシーを作ろう!

牛(ぎゅう)にゅうとレモン果(か)じゅうで「レモンラッシー」を作(つく)ろう。

実験方法

牛(ぎゅう)にゅうとレモン果(か)じゅうを使(つか)ってすっきりとおいしい「レモンラッシー」を作(つく)ろう。「ラッシー」は元々(もともと)はインドで飲(の)まれているものだけど、同じようなものが、自分(じぶん)でもかんたんにできちゃうよ。

まとめ方

グラスにすべての材料(ざいりょう)を入(い)れ、よく混(ま)ぜ合(あ)わせよう。
レモン果じゅうの量(りょう)を変(か)えるとラッシーの様子(ようす)や味(あじ)はどうちがうか比(くら)べてみよう。
写真(しゃしん)をとって、気(き)がついたことをまとめよう。

用意するもの

レモン果じゅう(30mL(ミリリットル)大(おお)さじ2)、
はちみつ(15mL、大さじ1)、
牛にゅう(150mL)
※よく冷(ひ)えた牛にゅうを使うとよりおいしくなるよ。
ボウル、あわ立(だ)て器(き)、
コップ、ストロー、氷(こおり)、
計量(けいりょう)カップ、
計量スプーン(大さじ)

■実験の手順


牛にゅう(150mL)とはちみつ(15mL)とレモン果じゅう(30mL)をボウルに入(い)れる。


あわ立て器で混(ま)ぜる。


氷を入れたコップに注(そそ)ぐ。


できあがり。レモン果じゅうの量を変えて、固(かた)まりかたや味を比べてみよう。
●なぜ? どうして?●
レモン果じゅうに入っている「酸(さん)」が、牛にゅうにふくまれている「カゼイン」というたんぱく質(しつ)と混ざると反応(はんのう)して固まります。牛にゅうのタンパク質には、このカゼインが80%ぐらいふくまれています。レモンティーにミルクを入れた場合(ばあい)、その表面(ひょうめん)にまくができますがこれも同(おな)じものです。

実験の進め方のコツを見てみよう

実験のまとめ方の例を見てみよう

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP