PR

  メニュー閉じる

工作

ゆらゆらメモスタンド

工作 ゆらゆらメモスタンド

たおれそうでたおれない。かわいい天使のメモスタンドをつくってみよう!

用意するもの

材料

  • ステンレス製のあきかん
  • ビニルテープ
  • 小石(きれいにあらって、よくかわかしたもの)
  • 中厚口(ちゅうあつくち)の色紙(色画用紙など)
  • とうめいなプラスチックの板(お弁当よう器のふたなど)
  • 大きめのビーズ

道具

  • カッターナイフ
  • はさみ
  • ピンセットまたは細くけずったわりばし
  • 絵の具など
  • アロンアルフア EXTRAゼリー状(じょう)
  • 新聞紙5まいぐらい(工作をするときに下にしこう)

こんなふうに動くよ


1.メモスタンドをつくろう!

1

あきかんの切り口でけがをしないように、ビニルテープをはって切り口をかくす。

2

あきかんの中に、小石を入れて、接着する。あきかんと接着する部分があきかんの形にあっている小石を選ぶと、くっつきやすいよ。

3

細切りにしたプラスチックの板をあきかんにはってから、あきかんのはばに合わせた中厚口の色紙をまきつけてはる。

はさみやプラスチックの板のはしで、けがをしないように気をつけよう。

4

「手順3」ではりつけた、プラスチックの板を折り曲げて立たせる。中厚口の色紙でつくった星をはる。

2.メモスタンドをつくろう

5

あきかんを横にして、ビーズをはっていく。ビーズをはるときは、ビーズの大きさからはみ出さないように、あきかんに接着ざいをつけてから、ピンセットまたは細くけずったわりばしでビーズを置いていく。

せっ着ざいがビーズからはみ出さないようにしよう。

6

中厚口の色紙で天使のパーツをつくる。

7

天使を上からはりつける。ハートなど好きな形をハサミで切りビーズの上やすき間にはる。

8

完成!

かんを横に動かすと、ゆらゆらゆれるよ。メモをはさんで使ってね。
石の大きさを変えると、ゆれ方がはやくなったりおそくなったりするよ。いろいろと試してみよう!

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

  • アロンアルフアを使う前に、「アロンアルフアを使うときの注意」を必ず読もう。
  • 工作は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 工作前にこの作り方をしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 工作に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • はさみやカッターナイフを人に向けたりふりまわしたりしないこと。
  • あきかんの切り口はとがっていてあぶないので、けがをしないように気をつけること。
  • プラスチックの板はうすいので、切り口でけがをしないように気をつけること。
  • 新聞紙の上など、よごれてもいい場所で作業をしよう。
  • ビーズを口に入れたり、なめたりしないこと。
  • 使う材料や、完成したゆらゆら天使のメモスタンドを火に近づけたり、熱くなるもののそばに置きっぱなしにしないこと。
  • 完成したゆらゆら天使のメモスタンドをふりまわしたり、上に重いものをのせないようにしよう。
  • 使う材料や完成したものは、使わないときは、小さい子の手がとどかないところにしまうこと。
  • 安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
  • 工作のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをしよう。ゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがありあぶないよ。

アロンアルフアを使うときの注意

  • 目に入れないようじゅうぶん注意する。目に入ったときはすぐに洗(あら)って、お医者さんにみてもらう。無理にはがしたり、目をこすらない。
  • アロンアルフアを使うときは、使い方をよく読んでから使おう。
  • アロンアルフアをぬるときは、アロンアルフアがはみ出さないように注意しよう。はみ出したら、つまようじなどできれいにとってね。
  • アロンアルフアが指についてしまったときは、あわてて、無理にひっぱったり、はがそうとせず、40度くらいのお湯の中で、もむようにしてゆっくりはがすこと。指についたかたい部分は、しばらくすると自然に取れるよ。あらかじめ指にハンドクリームをぬっておくと、指に接着ざいがつきにくくなるよ。
  • 接着部や周辺部が白くなることがあるので、つけすぎないように注意すること。
  • 使用中と使用後は、まどを開け、換気をよくすること。
  • ぬのや裏革(うらかわ)につくと発熱し、やけどのおそれがあるので使わないこと。
  • 火気は厳禁(げんきん)。火気のある場所では絶対(ぜったい)に使用しないこと。
  • 衣服などにつくと発熱のおそれがあり、あぶないよ。また、一度つくととりのぞけなくなるので、衣服にはつかないように十分気をつけること。
  • 使わないときは小さい子の手がとどかないところにしまい、いたずらをしないように注意する。
  • 接着以外には使用しないこと。
  • 直射日光(ちょくしゃにっこう)をさけ、湿気(しっけ)の少ない場所にしまうこと。
  • すてるときは、よう器を密封(みっぷう)して燃(も)えないゴミとしてしょ理すること。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PR

PAGETOP