PR

  メニュー閉じる

PR

実験

ゆっくりコロコロ

実験 ゆっくりコロコロ

つつがたの容器(ようき)にヌラ〜ッとしたのり状のものやサラサラしたすな状、つぶ状のものを入れてスロープ(坂)におくと、ゆっくりと転がるよ。どんなものを入れると、ゆっくり転がるかな?

実験方法

つつがたの容器(ようき)にヌラ〜ッとしたのり状のものやサラサラしたすな状、つぶ状のものを入れてスロープ(坂)におくと、ゆっくりと転がるよ。どんなものを入れると、ゆっくり転がるかな?

用意するもの

転がし方

ゆっくり転がす工夫

入れるものの量は半分以下
3分の1~4分の1くらい

ねばりの強いもの弱いもの、さらさらでもつぶのかんじはいろいろなので、入れる量を変えてみる。

スロープの角度を変えてみる。

まとめ方

容器、入れるもの、スロープの角度をどんな風にくふうするといいか実験して、表などにまとめよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • つまようじやを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。

PAGETOP