PR

  メニュー閉じる

PR

工作

くるくる(まわ)して急速(きゅうそく)(れい)とう「ひえひえマシン」

工作 くるくる<ruby><rb>回</rb><rp>(</rp><rt>まわ</rt><rp>)</rp></ruby>して<ruby><rb>急速</rb><rp>(</rp><rt>きゅうそく</rt><rp>)</rp></ruby><ruby><rb>冷</rb><rp>(</rp><rt>れい</rt><rp>)</rp></ruby>とう「ひえひえマシン」

なまあたたかい(かん)ジュースを、たった数分(すうふん)()みごろの温度(おんど)()やしてくれます。
そのひみつは、小型(こがた)マッサージ()のモーターによる回転(かいてん)(れい)とう()もかなわない、その実力(じつりょく)をぜひ(ため)してみてください。

用意(ようい)するもの

小型(こがた)マッサージ()
・ペットボトル(2リットル)
・プッシュピン
()ゴム
・わりばし
・ビニールテープ
・カッターナイフ
・ペンチ
・きり
接着剤(せっちゃくざい)
(こおり)
(みず)
注意(ちゅうい):カッターナイフを使(つか)うときは、けがをしないように十分(じゅうぶん)()をつけましょう。

やり(かた)

(つく)(かた)

1)プッシュピンのはりをペンチでぬき()り、きりであなを(すこ)(ひろ)げます。

2)小型(こがた)マッサージ()頭部(とうぶ)をはずして、モーターじくの(さき)のおもりを()ります。そのあとに、プッシュピンをはめます。接着剤(せっちゃくざい)(すこ)しつけるとしっかり固定(こてい)できます。

3)ペットボトルに()のようにカッターナイフで()りこみを()れ、内側(うちがわ)()りまげて容器(ようき)(つく)ります。キャップはしっかりしめておきます。

4)ビニールテープで、小型(こがた)マッサージ()をわりばしにしっかり固定(こてい)します。

()(もの)()やしてみよう

1)()やす()(もの)(かん)とプッシュピンに()ゴムをかけます(わりばしと(かん)(あいだ)に1~2センチメートルのすき()(つく)ったとき、ゴムが(すこ)()るくらいの(おお)きさの()ゴムを使(つか)います)。それから、(みず)(こおり)()れたペットボトルの容器(ようき)(なか)(かん)をしずめながら、わりばしの(りょう)はしを容器(ようき)のあなにさしこみます。これで準備(じゅんび)オーケーです。

2)小型(こがた)マッサージ()のスイッチを()れると、プッシュピンの回転(かいてん)()ゴムで(つた)わり、(かん)氷水(こおりみず)(なか)回転(かいてん)しはじめます。数分(すうふん)(かん)でびっくりするほど()えます。

●うまく(まわ)らないときは、ここをチェック

・わりばしと(かん)がくっついていませんか?
その場合(ばあい)は、(みず)(りょう)をへらして、わりばしと(かん)(あいだ)(すこ)しすき()ができるように調節(ちょうせつ)しましょう。また、()ゴムが(しょう)さすぎないかもたしかめましょう。
()ゴムがゆるんでいませんか?
その場合(ばあい)は、もう(すこ)(ちい)さめの()ゴムに()りかえましょう。
(こおり)がじゃましていませんか?
その場合(ばあい)は、(こおり)をずらして、(かん)水平(すいへい)になるようにしましょう。

どうしてこうなるの?

(かん)ジュースが急速(きゅうそく)()やされてるのは、なぜ?

氷水(こおりみず)がまず(かん)()やして、()えた(かん)(なか)のジュースを()やします(氷水(こおりみず)(かん)(ねつ)をうばって、つぎに(かん)がジュースの(ねつ)をうばいます)。
よく()られているように、温度(おんど)(たか)空気(くうき)(みず)(うえ)にたまり、反対(はんたい)温度(おんど)(ひく)いと(した)にたまります。そのため、()やされたジュースは(かん)(した)のほうにたまりますが、自然(しぜん)のままではなかなかまざり()いません。
ところが、(かん)回転(かいてん)させるとジュース全体(ぜんたい)がかきまぜられ、ジュースは(つめ)たい(かん)直接(ちょくせつ)ふれることによって、どんどん(ねつ)をうばわれていくのです。

(かん)をモーターで回転(かいてん)させたときと、回転(かいてん)させないときの、ジュースの()(かた)のちがいをくらべてみましょう。

レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP