PR

  メニュー閉じる

観察

さとうの大けっしょう作り

観察 さとうの大けっしょう作り

氷ざとうを、さとうをとかした水に入れておくと、どんどん成長するよ。どこまで大きくなるかためして、大きなさとうのけっしょうを作ってみよう。

用意するもの

  • さとう(グラニューとう)水100mLあたり約250g
  • 氷ざとう1かけら
  • とう明なガラスびんまたはコップ(300mLくらい入るもので、熱いものを入れてもわれないもの。やわらかいふたのついたものがあればいちばんよい)
  • はさみ
  • 千まい通し
  • わりばしやつまようじ(氷ざとうをつるすためのもの)
  • アルミホイル
  • ミルクなべ(小さめのなべ)
  • 軽量カップ
  • はかり
  • スプーンなどかきまぜるもの

※使う道具はすべてきれいにあらっておこう。

実験方法

1

実験方法

氷ざとう1かけらを、水で軽くあらう。

2

実験方法

氷ざとうに糸を結びつける。

4

実験方法

氷ざとうをわりばしなどを使ってつるす。ふたがある場合は、ふたにあなをあけ、糸をあなに通して、つるす。

4

実験方法

軽量カップとはかりで、水100mL、グラニューとう250gをはかり、ミルクなべに入れる。

5

実験方法

ミルクなべを火にかけながら、グラニューとうがとけきるまで、かきまぜる。

注意:火を使うときは必ずおうちの人といっしょに行うこと。
   やけどをしないように注意しよう。

6

実験方法

グラニューとうがとけきったら、5をガラスびんに入れる。ガラスびんがわれないように、あらかじめ温めておくこと。

注意:ガラスびんがわれないように、あらかじめ温めておく。

7

実験方法

氷ざとうをつるし、ごみが入らないようにすぐにふたをする。

変わっていくようすを記録しよう

びんの中から取り出すとこわれやすいので、じょうぎなどではかることはむずかしい。
そのため、毎日同じ位置にカメラをおいて写真をとって記録しよう。写真を置く位置は、テープなどでしるしをつけておくといいね。

さとの大けっしょう観察日記

まとめ方

まとめ方のコツ 観察の例」を見てみよう

注意

  • 実験をするときは、おうちの人がびんをたおしたりしないように、実験していることを伝えておこう。
  • 実験に使ったさとう水は、ぜったいに飲まないこと。
  • わりばしやつまようじを使うときは、指や目にけがをしないように気をつけよう。
  • 水でぬれてもいい場所で実験しよう。
  • はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
PR
PR
PR

PAGETOP