夏休み自由研究プロジェクト

自由研究トップ > アイデアデータベース > 科学実験 > 夏の思い出スノードーム

アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学1・2年生小学3・4年生小学5・6年生

実験方法

液体(えきたい)のりを水でうすめると、スノードームに使うドーム液ができる。「花火」か「UFO」を作ってみて、スノードーム作りと入れるものの動きをたしかめる参考にしよう。中に入れるものの形や、重さをを変えて動きをためしてみて、自分だけの夏の思い出を作ろう。

まとめ方

ドーム液の作り方をかく。中に入れるものの形や重さを変えて、ドーム液の中でどんな動きをするかをためした結果を表にまとめよう。その結果をもとにして、夏の間の楽しかったことを形にして、動きを工夫したスノードームを作って、その過程をまとめよう。スノードームを静かにおいておいたときの写真、動きをつけたときの写真をならべてはるといいね。

用意するもの

ガラスビン(475mL)、合成のり(120mL以上)、ラメパウダー、テグス、デコパーツのシールつきラインストーン(2種類)、アクアボール(植物の保水(ほすい)ざい)、発泡(はっぽう)スチロール用せっ着ざい、スチロールの食品トレイ、両面テープ、はさみ、コンパス、計量スプーン
[花火]お弁当よう器などのとうめいなふた、ビーズ、カッターナイフ
[UFO]アルミホイル、スナップボタン、木ネジ、ドライバー、スーパーボール

ドーム液を作る
475mLのビンに、のりを120mL入れる。
※ドーム液は、合成のり1:水2.5ぐらいのわり合。これ以上のりが少ないとできないよ。
水300mLとラメパウダー小さじ半分を入れて、あわがたたないようにそっとまぜる。

花火を作る
お弁当よう器などのとうめいなふたを、直径5.5cmの円に切って花火のベースを作る。
直径1cmの円に切ったスチロール板を表とうらの中心に両面テープではる。
テグスを花火のベースにはりつける。
デコパーツのラインストーンをはって花火を作る。
材料を口に入れないこと。
大小のラインストーンを使うときれいになる。うら側も同じようにする。
最後に、タオルなどではさんでおしつけるとしっかりはりつく。
テグスをふたにはりつける。
小さく切ったスチロール板でおさえるように両面テープではりつける。
アクアボールを20つぶほどとビーズを入れ、ガラスビンいっぱいに合成のりをたし、しっかりふたをしめる。

UFOを作る
スチロールトレイを大中小の円に切ってUFOの形を作る。
大の中心にテグスを通し、両面テープで大中小をはりつける。
デコパーツやスナップボタンでUFOらしくかざる。
スナップボタンなど金属のパーツをつけると重さの調整になる。
UFOが水平にうくように、木ネジをつけてバランスを取る。
木ネジは重さ調整だけでなくUFOらしいかざりにもなる。
花火と同じようにテグスをふたにくっつける。
アルミホイルを丸めたいん石やわく星に見えるスーパーボールも入れよう。
ガラスビンいっぱいに合成のりをたし、しっかりふたをしめる。
ふたをしっかりしめること

※長時間置いておくときは、ドーム液がもれることがあるのでふたを上にして置こう。
中に入れるものの重さや形をくふうして、実験しながら作ろう。アルミホイルも、軽く丸めるとういて、かたく丸めるとしずむからためしてみよう。いろいろなもので実験して、うくもの、うかないものを表にまとめ、自分だけの夏の思い出を完成させよう。

科学実験のまとめ方の例を見てみよう

注意

実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
材料をなめたり、口に入れたりしないこと。まちがってのみこむと、息がつまってあぶないよ。
材料がついた手で目をこすったりしないように気をつけよう。
テグスは手や指、首などにまきつけたりして遊ばないこと。
木ネジやドライバーの先でけがをしないように気をつけよう。
実験のあとは、おうちの人といっしょに材料や道具をしっかりかたづけよう。
計量スプーンは、使ったあとによくあらい、きれいになったかどうかおうちの人にたしかめてもらおう。
作ったスノードームは、落ちてわれたりする心配がないところにかざろう。

科学実験をするときの注意(実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

ドーム液に入れたものは、なぜゆっくり動くの?
液体のりはとてもねばる力があるので、ものの動きがじゃまされてしまうよ。それで、ゆっくりしずんだり、ゆっくりういたりするんだ。のりだけだと動けないから、水とまぜてちょうどよいこさにしているんだよ。
監修(かんしゅう):千葉県立長生高等学校 大山光晴

※この科学実験は、8月31日までの公開です。