PR

  メニュー閉じる

PR

工作

てんてんお絵かき

工作 てんてんお絵かき

本や新聞など、印刷物の色は、シアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの4つの色の組み合わせでつくられている。この4色の点のわり合いを変えてならべることで、いろいろな色ができるんだ。

本や新聞など、印刷物の色は、シアン、マゼンダ、イエロー、●ブラックの4つの色の組み合わせでつくられている。この4色の点のわり合いを変えてならべることで、いろいろな色ができるんだ。

印刷物の写真や絵を拡大(かくだい)して見てみると、色の点が集まってできていることがわかる。家にある本などを、拡大鏡(かくだいきょう)で見てみよう。

このことを利用して、絵のりんかくの中を、4色の点でぬり、絵を完成させよう。

用意するもの

  • ワークシート
  • スタンプ台(水色:シアン/こいピンク:マゼンダ/黄色:イエロー/黒:ブラック)
  • 画用紙
  • 竹ぐし4本
  • 紙やすり

作り方

よごれたり、ぬれたりしてもいい場所でやろう。

1.てんてんお絵かきの見本・ワークシートを使ってかいてみよう

1

作り方

ワークシートををダウンロードして、プリントアウトする。

ワークシートダウンロード

2

作り方

ワークシートの2まい目を使って、色の組み合わせを練習しよう。

3

作り方

見本の中から、やってみたい絵を選ぼう。

4

作り方

竹ぐしの先を直径が1mmほどになるように、紙やすりで平らにけずる。色ごとに4本作るよ。

5

作り方

見本と同じ色のインクを竹ぐしの先につけて、マスの中におしていく。
※インキはまぜずに、1色のインキに対して1本の竹ぐしを使おう。

注意:竹ぐしの先で、目や顔、手などをけがしないように気をつけること。

6

作り方

できあがったら、かべなどにはって、遠くから見てみよう。

2.図案を自分で考えてかいてみよう

1

作り方

ワークシートの方眼紙(ほうがんし)をプリントアウトしよう。

2

作り方

好きな絵を方眼紙にかくよ。

3

作り方

何色でぬるか、それぞれ決めたら、竹ぐしにインクをつけておしていく。
※インキはまぜずに、1色のインキに対して1本の竹ぐしを使おう。

注意:竹ぐしの先で、目や顔、手などをけがしないように気をつけること。

4

作り方

できあがったら、かべなどにはって、遠くから見てみよう。

まとめ方

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

  • てんてんお絵かきをするときは、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 始める前に、このページをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • よごれてもいいところでやろう。
  • 竹ぐしの先で、目や顔、手などをけがしないように気をつけること。また、とがった先を人に向けたりしないこと。
  • スタンプをなめたり、口に入れないこと。
  • インキがついた手で、目や顔をさわらないこと。万が一、目に入ったときは、すぐに大量の水であらい流すこと。
  • インキが手についたときは、せっけんであらい流そう。
  • てんてんお絵かきをしたあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。
  • あらった道具は、きれいになったかどうか、おうちの人にたしかめてもらおう。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP