PR

  メニュー閉じる

PR

実験

ブルブル振動(しんどう)科学(かがく)マジック「ピンポン(だま)浮上(ふじょう)

実験 ブルブル<ruby><rb>振動</rb><rp>(</rp><rt>しんどう</rt><rp>)</rp></ruby>で<ruby><rb>科学</rb><rp>(</rp><rt>かがく</rt><rp>)</rp></ruby>マジック「ピンポン<ruby><rb>玉</rb><rp>(</rp><rt>だま</rt><rp>)</rp></ruby><ruby><rb>浮上</rb><rp>(</rp><rt>ふじょう</rt><rp>)</rp></ruby>」

(こめ)()れた計量(けいりょう)カップに、小型(こがた)マッサージ()をおしあてて、ブルブル振動(しんどう)させてみましょう。すると、(こめ)(なか)から、ピンポン(だま)が…。
(かる)(もの)ものはうく」という原理(げんり)をなっとくさせてくれる科学(かがく)マジックです。

用意(ようい)するもの

小型(こがた)マッサージ()
・ピンポン(だま)
(こめ)
計量(けいりょう)カップ
・ビー(だま)

注意(ちゅうい)実験(じっけん)には、計量(けいりょう)カップや(こめ)使(つか)います。ピンポン(だま)やビー(だま)はきれいに(あら)い、よくふいてから実験(じっけん)しましょう。

やり(かた)

1)計量(けいりょう)カップの(なか)に、まずピンポン(だま)()れます。そのあと、ピンポン(だま)がかくれるまで、(こめ)()れます。

2)小型(こがた)マッサージ()のスイッチを()れ、計量(けいりょう)カップにおしあてます。計量(けいりょう)カップ全体(ぜんたい)振動(しんどう)すると、やがて、ピンポン(だま)(こめ)(なか)から(あらわ)れてきます。

●ビー(だま)もやってみよう

1)つぎに、ビー(だま)実験(じっけん)しましょう。計量(けいりょう)カップに、まず(こめ)()れます。そして、ビー(だま)(こめ)(うえ)にのせます。

2)振動(しんどう)させると、ビー(だま)(こめ)(なか)にしずんでいき、やがて、うもれて()えなくなります。ピンポン(だま)反対(はんたい)ですね。

どうしてこうなるの?

なぜ、ピンポン(だま)がういてくるの?

(こめ)をこまかく(うご)かすことによって、液体(えきたい)(なか)にピンポン(だま)()れたのと(おな)じような状態(じょうたい)になっています。
振動(しんどう)する(こめ)がピンポン(だま)にあたって圧力(あつりょく)()まれ、ピンポン(だま)(うえ)(した)圧力差(あつりょくさ)浮力(ふりょく)(うく(ちから))になっています。ビー(だま)場合(ばあい)は、その圧力差(あつりょくさ)がしずむ(ちから)になっています。
(こめ)より(かる)いピンポン(だま)はうき、反対(はんたい)に、(こめ)より(おも)いビー(だま)はしずむというわけです。

地震(じしん)(とき)地面(じめん)液体(えきたい)のようにやわらかくなってしまうことがあります。これを「液状化(えきじょうか)現象(げんしょう)」と()いますが、この実験(じっけん)()たしくみで()きています。(つち)のつぶが振動(しんどう)によって、液体(えきたい)のようにふるまうのです。

(おお)きさや(おも)さのちがいによって、()()がり(かた)やしずみ(かた)はどう()わるか調(しら)べてみましょう。

レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP