夏休み!自由研究プロジェクト2017
自由研究トップ > アイデアデータベース > 社会科・調べ学習 > 昔のくらしと今のくらしをくらべてみよう!

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学5・6年生中学生

調べ方

90歳(さい)ぐらいのお年よりに、昔のくらしについてお話を聞く。
90歳ヒアリングのやり方や用意するものなどについては、このページを参考にしてね。

まとめ方

まず、90歳ヒアリングのやり方やヒアリングのときのようすをまとめよう。
それから、聞いたお話を内容(ないよう)で分類して、昔のくらしと今のくらしをくらべる表にしてみよう。
最後にわかったことや思ったことをまとめよう。

お年よりに聞いた昔のくらしと、今のくらし
1)電気・ガス・水道について
昔 今
電気はなかった。部屋の明かりは灯油のランプ。エアコン・せん風機はないので、暑い日は風通しのよい場所ですずんだ。冷ぞう庫はないので、スイカなどを井戸(いど)につるして冷やしたりした。暖房(だんぼう)は、たきぎをくべるだんろ。 電気が通っていて、いろいろな家電製品(せいひん)があるので、とても便利。
ガスはなかった。おふろをわかしたり、料理をする燃料(ねんりょう)には、たきぎを使った。 ガスが通っていて、おふろをわかしたり、料理をするのにあまり苦労しない。
水道はなかった。水は井戸(いど)からくんで家まで運んだ。 水道が通っていて、じゃ口をひねれば水が出るので、とても便利。

 (写真提供:90歳ヒアリング事務局 佐藤哲)

2)乗り物・移動手段(いどうしゅだん)について
昔 今
自動車はないので、4キロでも8キロでも平気で歩いた。 自家用車が普及(ふきゅう)して、バスなどの交通機関も発達しているので、いろいろな所に楽に速く行ける。
トラックがないので、荷物を運ぶときは馬車を使った。 たくさんの物を運ぶときや引っこしのときにトラックが使われている。
3)食べ物について
昔 今
田んぼでとれた米に畑でとれた作物と、食事のほとんどを自分たちで作ったものでまかなった。作物のとれない冬は、秋のうちに作った保存食(ほぞんしょく)を食べていた。 食事は店で買った食材で料理を作ったり、飲食店に食べに行ったりする。
おやつには庭に植えたかきの実や、自然になっている梅、くわ、山いちご、山ぶどうなどの実を食べた。 おやつは、店で買った果物やおかしを食べることが多い。
食べ物の残りは畑の肥料(ひりょう)にしたので、ゴミは出なかった。 生ゴミや包装紙(ほうそうし)、トレイなど、食べ物からたくさんのゴミが出る。
4)遊びについて
昔 今
山で山菜をつんだり、川で魚をつかまえたりして遊んだ。夏の暑い日は川で泳いだ。冬にはこおった川や池でスケートをした。 公園で遊んだり、家の中でゲームをしたりする。
わかったこと、思ったこと

昔のくらしは不便だったけれど、エネルギーや資源(しげん)をあまり使わず、はい気ガスもゴミも出さない、環境(かんきょう)にやさしいくらしだった。また、昔の人には、不便さをおぎなうために、自然の力をうまく利用するさまざまなちえがあった。食べること、遊ぶこと、生活のすべてが自然と深く関わっている感じがした。

社会科・調べ学習のまとめ方の例を見てみよう

社会科・調べ学習をするときの注意(調べ学習をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

取材協力:東北大学大学院環境科学研究科 古川柳蔵